論鶴羽神社

ゆづるはじんじゃ

神社に伝わる「諭鶴羽山縁起」によると、およそ二千年前の開化天皇の時代に開かれたとされています。
清少納言の「枕草子」にも、「峰はゆづるはの峰 あみだの峰 いや高の峰」とあるほど人々に崇拝されていました。
中世には熊野三山と並んで修験道の一大道場で、諭鶴羽山の麓から神社へと続く「諭鶴羽古道」の道中には、昔の賑わいを推測させる町石等が造立されています。
この道は、祈りを捧げる信仰の道として、また地域の人々の生活の道として活躍してきました。


所在地 〒656-0551
兵庫県南あわじ市灘黒岩472番地
定休日 無休
時間
料金 無料
駐車場 -
連絡先 0799-56-0315

公式ホームページ
MAP APP