生石神社

おうしこじんじゃ

周りの岩山に登って上から石の宝殿を見ることもできます。
この写真ですと全体の形がわかりやすいと思います。
この石の宝殿が書物に出てくる最も古いものは播磨の国風土記。
730年前後に編纂された書物で「聖徳太子の時代に物部守屋が作った」と書かれています。
つまり奈良時代には既に存在したのであり、かつ記述が本当であるとすれば580年頃(聖徳太子の時代)に作られたことになります。
なんと約1300年前には確実に存在し、1500年近くも前からここにあった可能性があるのです。


所在地 〒676-0823
高砂市阿弥陀町生石171
定休日
時間
料金
駐車場 有(無料)
連絡先 079-447-1006

公式ホームページ
MAP APP