斑鳩寺

いかるがてら

聖徳太子が、推古14年(604年)に飛鳥の豊浦宮(とようらのみや)、今の橘寺において、推古天皇の御前にて勝鬘経を講話されました。
推古天皇は大いに喜ばれて聖徳太子に播磨国揖保郡の水田百町を寄進されました。
聖徳太子はその地を「斑鳩荘」と名付けられ、一つの伽藍を建てられたのが斑鳩寺の始まりです。


所在地 〒671-1561
揖保郡太子町鵤709
定休日
時間 9:00~17:00
料金 入場無料
宝物館・聖徳殿2個所拝観で500円、聖徳殿は要予約
駐車場 20台(無料)(春会式の期間中は駐車不可)
連絡先 079-276-0022

公式ホームページ
MAP APP