三木露風生家

みきろふうせいか

童謡「赤とんぼ」の作詩者『三木露風』の生家は、鶏籠山(けいろうざん)の麓にある龍野城の埋門(うずみもん)の坂を下りたところにあり、明治4年頃から明治22年の間に建築されたものと推察されます。
露風は明治22年6月23日にこの家で出生し、その名を操(みさお)と名付けられました。
露風が6歳の時、両親が離縁し、母親(かた)は弟を連れて実家の鳥取に帰ってしまい、露風も祖父の家に引き取られました。この生家は、露風が母と過ごした思い出が残る大切な場所であります。


所在地 〒679-4179
たつの市龍野町上霞城101-3
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29-翌年1/3)
その他臨時休館あり
時間 9:30~16:30
料金 無料
駐車場 なし
連絡先 0791-62-0553

公式ホームページ
MAP APP