生野銀山

いくのぎんざん

生野銀山は大同2年(807年)に銀が出たと伝えられる。
室町年間の天文11年(1542年)には但馬守護職・山名祐豊(すけとよ)が銀石を掘り出し、開坑の起源といわれている。
永禄10年(1567年)には自然銀を多く含む日本最大の鉱脈が見つかりました。
現在は坑内を見学できます。


所在地 〒679-3324
朝来市生野町小野33-5
定休日 12月~2月の3ヶ月間のみ毎週火曜日(火曜日が祝日の場合翌日)、年末年始
時間 【4月~10月】09:00-17:30
《観光坑道受付終了》16:50
【11月】09:00-17:00
《観光坑道受付終了》16:20
【12月~2月】09:30-16:30
《観光坑道受付終了》15:50
【3月】09:30-17:00
《観光坑道受付終了》16:20
料金 《一般》
大人:900円
中高生:600円
小学生:400円
小学生未満:無料
《団体(15名以上)》
大人:810円
中高生:540円
小学生:360円
小学生未満:200円
《団体(50名以上)》
大人:765円
中高生:510円
小学生:340円
小学生未満:200円
【障害者割引】(窓口で手帳を提示して下さい)
《身体・精神障がい者手帳》
1・2級:本人と介助者半額
3級以下:本人のみ半額
《療育手帳》
A1-2判定:本人と介助者半額
B1-2判定:本人のみ半額
観覧内容 上記入場料金は坑道内・坑道外・鉱山資料館・吹屋資料館が対象。
生野鉱物館(生野銀山文化ミュージアム)の入場は別途100円で割引なし。
尚、入場料金表の小学生未満の団体200円は幼稚園など団体で来場される場合に適用。
駐車場 普通車:210台
大型バス:10台
連絡先 079-679-2010

公式ホームページ
MAP APP