武家屋敷安間家史料館

ぶけやしきあんまけしりょうかん

安間家史料館は天保元年(1830)以降に建てられた武家屋敷で、全面的な改修を行い、史料館として一般に公開したものです。
江戸時代、篠山城の外堀の周縁には、その身分によって武家屋敷が配置されていました。
安間家は篠山藩主青山家の家臣で、「高12石3人扶持」の禄を得る下級武士の一家でした。
その住宅は通称「御徒士町」と呼ばれる武家屋敷群の一角にある標準的な徒士住宅で、茅葺で曲屋形式の母屋と瓦葺の土蔵が残っており、当時の武家の暮らしを伝えています。 内部には、安間家に伝来した古文書や日常に用いられた食器類や家具をはじめ、 のちに寄贈を受けた篠山藩ゆかりの武具や史料を展示しています。
旧安間家住宅は、篠山市指定文化財となっています。


所在地 〒669-2334
篠山市西新町95
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日)
年末年始(12月25日~翌年1月1日)
時間 9:00~17:00(受付16:30まで)
料金 【入館料】
大人:200円・高校・大学生:100円・小・中学生:50円
団体割引はありません。
【4館共通入館券】
歴史美術館・武家屋敷安間資料館・青山歴史村・篠山城大書院のセットがお得です。
大人:600円・高校・大学生:300円・小・中学生:150円
・共通券は2日間有効
・歴史美術館が特別展の時は、料金が異なる場合があります。
※入館無料対象者
①身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
②保護者同伴の6歳未満の方
③篠山市内小・中学生
④日本博物館協会会員証をお持ちの方
⑤ひょうごカルチャーパスをお持ちの方
駐車場 有(無料)
連絡先 0795-52-6933

公式ホームページ
MAP APP